交通アクセス お問い合わせ  サイトマップ

ホーム一般のみなさま>国保のしくみ

国保のしくみ

国民健康保険制度

 国民健康保険(国保)とは、病気やけがをしたときに安心して医療等が受けられるため、加入者(被保険者)が保険料・税を納め医療費の負担を支え合う制度です。

国保は、市町村や国保組合が保険者となり運営されています。医療の給付だけでなく、広報活動や保健事業などをとおして、地域住民の健康づくりにも積極的に取り組んでいます。

国保は、わが国の医療保険制度の中核として、地域住民の医療確保、健康保持増進に大きく貢献しています。

ページの先頭へ

国保に加入する人

 職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人や、生活保護を受けている人などを除くすべての人が国保に加入します。
国保では未成年者や幼児、世帯主や家族の区別なく、みんなが平等に加入します。

こんな人が加入します

国保に入るとき

国保をやめるとき

ページの先頭へ

退職者医療制度

 一定期間以上勤めた会社や役所などを退職して国保に加入している人のうち、65歳未満の人とその扶養家族は、「退職者医療制度」で医療等の給付を受けます。

※退職者医療制度は、平成20年4月の新しい高齢者医療制度の創設に伴い、原則廃止になりましたが、経過措置として平成26年度末までに退職被保険者になった人とその被扶養者は、平成27年度以降も退職被保険者が65歳になるまで退職医療制度で医療等を受けます。

対象となる人

 次の条件すべてにあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者が対象となります。

ページの先頭へ

後期高齢者医療制度

 従前の老人保健制度が廃止となり、平成20年4月から新たな高齢者医療制度として、後期高齢者医療制度が創設されました。
75歳以上の方(一定の障害のある65歳以上の方を含む)は、後期高齢者医療制度で医療を受けることになります。

ページの先頭へ